レディ

40代でも綺麗でいたい|基礎化粧品で劇的に変わる

肌荒れを起こさない化粧品

婦人

成分表を見て化粧品を選ぶ

敏感肌といっても原因によって色々な症状があります。アレルギーが関係している場合やアトピー性皮膚炎が関係している場合は、皮膚科の診察を受けるのが第一です。症状によって医師が化粧品の選び方などをアドバイスしてくれます。一般的に敏感肌と言われている人の場合は、化粧品を選ぶ時に成分表などを確認するといった工夫が必要です。最近の化粧品はとても進化しているので、製品によっては敏感肌に良くない成分が含まれています。成分表を見ることで自分に合った化粧品を選ぶことができます。成分表を見る時は、香料や防腐剤などの化学成分が配合されていないものを選びます。自然成分を使っている化粧品が適しています。また初めて使う化粧品はお試しで使ってみるといった工夫も大事です。

肌のバリア機能を保つこと

敏感肌の人は、化粧品を使った時に肌荒れを起こしやすくなります。なぜ肌荒れが起こるかというと、敏感肌の人の肌はバリア機能が低下しており、角質層が壊れていることが多いのです。そのため化粧品などの刺激によって肌が荒れてしまうわけです。このような特徴を改善するには、スキンケアがとても大事になります。適切なスキンケアを続けることによって肌のバリア機能を回復し、肌荒れを防ぐことができます。そのためには敏感肌用の化粧品を選ぶ必要があります。このような化粧品はできる限り不純物を取り除き、何度も臨床試験を行っているので安心して使うことができます。敏感肌の人は、化粧品の中でも特に化粧水や美容液の選び方に気をつけることです。